クォーツウィンドウ

石英ウィンドウ

UVエネルギーを透過させる石英ガラス板で、UVランプヘッドの発光窓の上に取り付けます。

石英ウィンドウ

大抵の場合、硬化効果の最大化には、UVランプからターゲットエリアへの放射に直接経路を確保するのが最適な方法です。しかし、場合によってはアプリケーションのために、石英ガラスフィルターをランプの発光窓に設置する必要があります。

これにはいくつかの理由が挙げられます。

  • 感熱基材を加工する際に、UVランプからの赤外線(IR)放射をフィルターするため。
  • 基材が吸い込まれてランプに接触するのを防止するため。
  • 空気中の汚れがランプや反射板の上を通過するのを防止するため。
  • ランプがチルローラーの下に設置されている場合、こぼれたインクやニスがウェブを伝ってUVランプヘッドに流れ込むのを防止するため。
  • システムにポジティブパージまたはネットゼロ冷却システムが装備されている場合に、UVランプヘッドを通るエアフロー経路を正しく確保するため。
  • 不活性ガス硬化システムでは、UVランプ下のチャンバー内に不活性ガス(通常は窒素)を封じ込めるために、密閉された石英ウィンドウが使用されます。石英ウィンドウの反対側のランプヘッドを通る冷却空気の流れとは別に、チャンバー内の残留酸素濃度を非常に低いレベルまで制御することができます。

このような場合、石英ガラスの平らな部分が発光窓の上に取り付けられており、空気の動きや赤外線放射を遮断しながら、広範囲のUVエネルギーを透過させることができます。

UVCエネルギーを大量に必要とする特殊なアプリケーションには、UVC帯域の透過率を特に向上させ、より広範なUVエネルギースペクトルを放射できるように仕様したGEWのHiC石英ウィンドウをご利用ください。


営業担当者に直接お問い合わせください

国際地域:
マーカス・グリーンブルック
国際セールス・ディレクター

T: +44 (0) 7764 986 911

マーカスに直接電子メールを送信する

お近くの販売代理店を探す:

お客様の国がこのリストに記載されていない場合は、英国本社にお問い合わせください。