紫外線硬化ランプ

ランプのバリエーション

メタルハライドドープランプ、オゾンフリー、または高UVC石英ガラスなど、多くのアプリケーションに合わせて多様なランプオプションをご用意しています。

アークランプオプション

GEWでは、電極アークシステム用にさまざまなタイプのランプを提供しています。

標準的な水銀(Hg)ランプは、紫外線、可視線、赤外線の波長全体で幅広いスペクトルの出力を放射します。この出力は、石英管の内部に鉄(Fe)、ガリウム(Ga)、鉛(Pb)、スズ(Sn)、ビスマス(Bi)、インジウム(In)などの金属を少量添加することでシフトされます。金属を添加した水銀ランプは、ドープ、添加、メタルハライドと呼ばれています。

また、特定の波長帯域の発光を遮断したり、増幅させるために、さまざまな種類の管の構造材料や、管の表面に塗布されるコーティング剤が使用されます。

ドープの種類:

  • 水銀(Hg)は最も一般的に使用されているGEWランプです。
  • 鉄(Fe)ドープランプは、2番目によく使用されているGEWランプです。鉄をドープしたランプは、UV出力の一部をより長い近可視波長にシフトし、その結果、より厚く、濃い顔料インクの浸透性を向上させます。インクジェット印刷システムの最終硬化装置としてよく使用されます。
  • ガリウム(Ga)ドープランプは、二酸化チタンを含む白色インクとコーティングの硬化に最適です。これは、ガリウムランプがUV出力のかなりの部分を380nmよりも長い波長にシフトさせるためです。白色インクに色を与える二酸化チタン添加剤は、380nm未満のほとんどすべての光を吸収します。

ランプ構造:

  • オゾンフリーランプには、240nm未満のオゾン生成波長をブロックする表面コーティングが施されています。このランプは一般的に実験ユニットや水冷式UVシステムで使用され、オゾンフィルターやダクトを設置する必要がありません。どのようなドープランプでも、オゾンフリーの石英で製造することができます。
  • HiCランプは、全体のUV出力を約15%増加させ、UVC出力を30%増加させます。UVC波長は、表面硬化を促進し、熱溶融性接着剤の硬化など、いくつかの工業用アプリケーションでは特に重要です。HiCランプは、石英ガラス管/ランプの製造に高純度のシリカを使用しており、通常よりUV光吸収量が少なく、出力を向上させます。どのドープランプでも、HiC石英で製造することができます。
  • GEWは、UV出力に同様の効果がある同じ材料から石英ウィンドウも製造しています。

営業担当者に直接お問い合わせください

国際地域:
マーカス・グリーンブルック
国際セールス・ディレクター

T: +44 (0) 7764 986 911

マーカスに直接電子メールを送信する

お近くの販売代理店を探す:

お客様の国がこのリストに記載されていない場合は、英国本社にお問い合わせください。