ポジティブパージ・ネットゼロ

工場の周囲空気を使用せずにUVランプヘッドを冷却するソリューションです。

ポジティブパージ・ネットゼロ

空冷式UVシステムは、ランプヘッドを冷却するために工場の周囲空気を消費し、ランプから発生するオゾンとともに消費した空気を建物の外に排出します。

加熱、冷却、クリーンルームの施設では、UVシステムがこの処理された空気を消費するため、空調システムに追加の負荷がかかります。周囲の空気が汚染されている場合、ランプや反射板も汚染される可能性があり、ひいてはUV出力と硬化性能の低下、コンポーネントの短寿命につながる可能性があります。これには2つの解決策があります。

ポジティブパージ:

大型システムを含むすべてのUVシステムに適しており、建物の外までの距離が遠い場合にも適しています。

ネットゼロ:

UVランプが設置されている場所に汚染が限定される小型UVシステムに適しており、UVシステムが外壁や屋根の近くに設置されている場合にも適しています。

ポジティブパージ冷却オプション
ネットゼロ冷却オプション

いずれの場合も、ランプヘッドの吸気口の上部にダクトが取り付けられ、製造エリアの外側、ほとんどの場合は工場の外からの給気に接続されます。ネットゼロシステムでは、入ってくる空気は、システムの抽出ファンにより負圧下にあるダクトを通ってランプヘッドに流入します。この暖かい排気は、建物の外に排出されます。

ポジティブパージシステムでは、追加の冷却ファンを使用して、加圧されたシステムに外気を吹き込みます。また、供給空気を常にクリーンな状態に保ち、UVランプヘッドの作動部分を新品同様の状態に保つために、給気フィルター付きの仕様にすることも可能です。

ポジティブパージ・ネットゼロの冷却オプションは、周囲空気の消費をすべて排気することで、お客様のビジネスにメリットをもたらします。


営業担当者に直接お問い合わせください

国際地域:
マーカス・グリーンブルック
国際セールス・ディレクター

T: +44 (0) 7764 986 911

マーカスに直接電子メールを送信する

お近くの販売代理店を探す:

お客様の国がこのリストに記載されていない場合は、英国本社にお問い合わせください。